#ssmjp 2018/04に参加しました

4月25日に新宿で行われた#ssmjp 2018/04に参加してきました.

#ssmjpとは,毎月都内のどこかで開催されるゆるふわ街角勉強会です.プレゼン内容は原則なんでもよいとのことですが,主なテーマとしてはインフラ・運用,最近では専らセキュリティが多いようです.

ssmjp 2018/04

ssmjpに応募した段階では倍率が2倍近く,残念ながら抽選には受かりませんでした.しかし,開催日が平日ということもあってか当日キャンセルが多く,幸い繰り上がり枠で参加することができました.今回の開催地は新宿ミライナタワー LINE株式会社ということで,超有名企業のオフィスにちょっとだけお邪魔できると,かなりわくわくしながら向かいました.

勉強会会場となる15階に上がると,早速LINEらしいお出迎えが^^

この写真の他に有名なうさぎやかえるのキャラクターもいました.(名前がわからなくてごめんなさい^^;)
さて,本題の勉強会ですが,今回のプレゼンのテーマは以下の4つでした.

  • タイムマシン・インテリジェンス
  • ペネトレーションテストの資格
  • VyOSで挑むIPv6 IPsec
  • なぜSphinxで手順書を作るのか

テーマを見る限り知らない技術や知識に関することばかりです.まだまだ勉強不足だということを痛感しますが,自分の知らない技術を知るキッカケとして勉強会は非常に有意義だと思います.

所感

タイムマシン・インテリジェンス

忙しい仕事の合間にも,効率よくセキュリティ情報を収集しようという内容でした.

情報を未来の情報(日本語訳される前)と過去の情報に分けてとらえ,時系列関係を意識しながら情報を吸収するというテクテックで,未来の情報をRSSリーダーに登録しておいた海外ニュースサイトから,過去の情報をセキュリティまとめから収集するという方法がタイムマシン・インテリジェンスだそうです.

私自身セキュリティの情報収集の大変さは感じていましたし,英語に対する苦手意識が強いので是非タイムマシン・インテリジェンスを実践してみようと思いました.

ペネトレーションテストの資格

ペネトレーションテスターに関する資格の紹介を実体験を踏まえて語っていただきました.私が今目指している職種がペンテスターなので,とても参考になりました.いざペンテスターの資格を取ろうと思ったら英語と金銭面をクリアしないといけないので道のりが長そうです.(笑)

VyOSで挑むIPv6 IPsec

VyOSを使ってIPv4 over IPv6 IPsecに挑戦した経験とVyOSのContributorになるというお話でした.VyOSというLinux OSを初めて聞きましたが,なかなかハードルが高そうでした.今でもVyOSを使ったIPv6 IPsecは挑戦中ということで,その結果が楽しみです.

なぜSphinxで手順書を作るのか

Sphinxを使った手順書作成のプレゼンでした.VyOS同様,Sphinxも今回始めて知りました.手順書を作った経験がないのですが,その便利さはよく伝わってきました.ただ使いこなすのは結構大変そうですね.いつか手順書を作る機会があればチャレンジしてみたいと思います.

おわりに

どの発表も非常に面白かったです.個人的に一番ためになったのはタイムマシン・インテリジェンスです.情報が重要なセキュリティ業界にいるので,効率的でかつ実践しやすいというのはかなりタメになりました.

今回は開催日が木曜だったので少し大変でしたが,次回5月は土曜なのでまた是非参加したいと思っています.(抽選に当たればですが^^;)